ボールルームダンスの世界(月刊たむぽぽ第66号 2008年12月2009年1月合併号より)

ボールルームダンス(通称/社交ダンス)は、健常者が行うものと
一般的には考えられがちですが、他にも車イスダンスや
目の見えない方が踊るブラインドダンスなどもあり、大会では
それぞれにワルツやタンゴ、ルンバ、チャチャチャ等が共通点として踊られます。

しかしながら、競技の分野においては採点方法や踊り方etc...に違いがあり、
独自のルールに基づいて運営されています。

我々の踊る公式戦のダンスは、スタンダード5種目、ラテンアメリカン5種目の
テンダンスが踊られます。他に全日本テンダンス選手権が毎年開催され、
日本代表として世界大会に出場できるシステムになっています。

また、セグエダンス選手権はスタンダードとラテン部門に分かれて
限られた時間内で3種目以上の組合せにより物語を表現。
芸術点と技術点の採点合計にて順位が決められます。

毎年、2月に開催されるスーパージャパンカップにおいて
セグエダンスの大会が2日間にわたり実施され、好評を得ています。

他にショーダンス選手権等々、多種多様な大会が開催されている現状です。

(しのぶ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0