テーマ:社長のつぶやき

ボールルームダンスの世界(月刊たむぽぽ第66号 2008年12月2009年1月合併号より)

ボールルームダンス(通称/社交ダンス)は、健常者が行うものと 一般的には考えられがちですが、他にも車イスダンスや 目の見えない方が踊るブラインドダンスなどもあり、大会では それぞれにワルツやタンゴ、ルンバ、チャチャチャ等が共通点として踊られます。 しかしながら、競技の分野においては採点方法や踊り方etc...に違いがあり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「5つのコンタクト」について(月刊たむぽぽ第65号 2008年11月号より)

ゴルフなどのように、ハンディーのあるスポーツは結構多いと思います。 でも、ダンスには特別なセクション以外は年令制限がありませんので、 公式戦やメダルテストなどでは、学生からシニア世代の方々まで 一緒のフロアーで競い合い、優劣をつけられていきます。 実力優先の厳しい世界なのです。 アスリートとしての経験や体力、音感の豊かさe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタボリック症候群(月刊たむぽぽ第64号 2008年10月号より)

メタボリック症候群、この言葉は、 今年の流行語のような感さえあります。 欧米人のように主食が肉の場合はともかく、 これまでの日本人には、あまりなじみの ない存在でした。 しかしながら、従来の日本食文化から 朝・昼・晩を問わず、カロリーの高くて 脂肪のつきやすい食べ物に移行し、 また嗜好の方も子供や若者を中心に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆立ち健康法(月刊たむぽぽ第63号 2008年9月号より)

地上の生き物は、引力と重力によって 均衡を保っているわけですが、我々人間も 二足で歩行する関係上、常に重力の影響を 受けながら頭を上にして生きています。 血液の流れも心臓から手足の末端に向かって 流れており、同じメカニズムで一生を過ごす事に なります。 先日、テレビを見ていましたら、東京の カルチャースクールの受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開校20周年を迎えて(月刊たむぽぽ第62号 2008年8月号より)

今年の9月で開校20周年を迎えます。 泉中央に移転し早11年、あっという間に歳月が 過ぎ去ってしまったような気がします。 昭和63年9月に教室をオープンし、翌64年に 年号が平成に改められ、今年で20年。 節目の年にあたり、9月14日(日)ホテルメトロポリタン 仙台にてアニバーサリー・パーティーを開催いたします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファッションに思う事(月刊たむぽぽ第61号 2008年7月号より)

「足キレ」なんのことか分かりますか? 日本のファッション界から生まれた、イギリス国内で 大ブレイクし、今や世界中から注目されている ファッション現象の事なのです。 もともとは、足元のオシャレのために捜索された 日本のオリジナルファッションですが、 奇抜な色のスパッツやソックスに新感覚のシューズとの コーディネイトにより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

されどイビキ(月刊たむぽぽ第60号 2008年6月号より)

テレビのドキュメンタリー番組において、現代病として イビキが取り上げられていました。 たかがイビキ、されどイビキ。 中でも睡眠中におきる無呼吸症候群は、特に問題で 7時間の睡眠時に500~600回もの無呼吸状態が 続く人もいるようです。 寝ながら首をしめられているようなもので、 これでは、重大な病気にかかってもおか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダルテストのすすめ(月刊たむぽぽ第59号 2008年5月号より)

年に3回、開催されるメダルテスト(級位を8クラスに区分し、 レベルアップを図っていく方法)。 今年の第1回目が3月23日に行われ、当スクールからも 延べ30クラスにエントリーし、スタンダードとラテンアメリカンの 検定を受け、3級からスーパーファイナル級までの各セッションに おいて全員合格という見事な結果を出し、当スクールの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイトルなし(月刊たむぽぽ第58号 2008年4月号より)

※第58号が発見されましたので掲載いたします。 今、ちまたでブレイク中の美腰エクササイズ、 SHINOさんが独自に編み出したダイエット法で ウエストに効果的な体操なんだそうです。 本人も出産直後のウエストサイズが80cm以上あったそうですが、 今では56cmの超くびれウエストに変身をとげたとの事。 ほんとうにビックリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姿勢の効用(月刊たむぽぽ第57号 2008年3月号より)

ダンスのレッスンによって、腰痛がピタリとなくなってしまったという 生徒の方々が、身の回りに結構います。 ダンスを習う際に、まず心がけてもらうのが立ち方、姿勢なのです。 姿勢を良くする事で、健康面において大きな効果が期待できます。 現代人の持病といわれる腰痛によって医者に通ったり、 整骨院などでマッサージを受けたりと、結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年始めに思う事(月刊たむぽぽ第56号 2008年2月号より)

平成20年も、いよいよスタートし、もう2月を迎えようとしています。 スタートといえば、正月功例の箱根駅伝は見ごたえたっぷりでしたね。 各区画に、どのランナーを配し、昇りや下り坂でのデットヒート。 まさに駅伝ならではの醍醐味ですね。 今や駅伝という言葉は日本に限らず、広く世界に知れわたり、 各国のレベルもアップして、もは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中力が大切(月刊たむぽぽ第55号 2008年1月号より)

一年の計は元旦にあり!! 新年を迎え、心も新たに、なにかにチャレンジしてみようと思っている方も 多いのではないでしょうか。昨年の大晦日に民放の特番で、 芸能人シャルウィダンスが放送され、視聴された方も大勢いらっしゃったと 思います。 生放送なのでハプニングやドラマがあり、楽しかったですね。 ダンスを踊った事のない人達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニケーションの促進(月刊たむぽぽ第54号 2007年12月号より)

今年も、クリスマスの季節になりました。 大人も子供も一緒になって楽しいひと時を過ごされる家庭が 多いのではないでしょうか。 ケーキを囲んでの一家団らんは、数少ないファミリーの コミュニケーションの場として大切な時間と言えます。 人と人との交流の場がだんだん少なくなって、 職場ではパソコンと向かい合い、街の中はケイタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心拍数は120がベター(月刊たむぽぽ第53号 2007年11月号より)

山々の頂きも冠雪の便りが聞かれる季節になってきました。 今年も、後2ヶ月余り。月日のたつのは本当に早いですね。 夏から秋にかけて体脂肪の数値が気になる方。 普段着で気軽にレッスンのできるダンスはいかがですか? 心拍数が1分間に120回程度の運動が最適といわれています。 散歩はゆっくり歩いてもあまり効果がなく、早足でうっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月よりグループレッスン(月刊たむぽぽ第52号 2007年10月号より)

※文章は2007年10月当時の物です。 スポーツの秋がやってきました。当教室では、ちょうど10月から 初級・中級、他のグループレッスンが始まります。 初級は毎週木曜の午前10時30分から、中級は木曜12時からです。 なお初中級が新設され、金曜の午後7時40分から行われます。 ダンス愛好者は全国に1,000万人とも2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残暑お見舞い申し上げます。(月刊たむぽぽ第51号 2007年9月号より)

暑い季節に体を動かすのって、なんだか、かったるくて、 できれば、涼しい所で横になって寝そべっていたい。 そんなふうに思っている方も多いと思います。 しかしながら、逆に暑い時にこそ思い切って体を動かして 汗を流すと、気分そう快、ストレスや運動不足も解消され、 充実した日々を送る事ができます。 最近、大ヒットしている「ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優勝おめでとう!(月刊たむぽぽ第50号 2007年7月号より)

梅雨のシーズンを迎え、憂鬱な気分になりがちですが、 当教室の生徒の皆さんは、子供から大人まで、 目が輝いて、とってもハツラツとしています。 グループレッスンは、楽しく学べるコミュニケーションの場に、 個人レッスンは、早く上手になりたい人に最適、また 競技ダンスを目指す人は、カップルレッスンと、 ニーズにそってレッスン方法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フロア・プレイ」に感動。(月刊たむぽぽ第49号 2007年6月号より)

先日「フロア・プレイ」の公演があり、私共も仕事柄、 ショーを見に行ってきました。 ボリューム一杯の音楽にのり、はち切れんばかりの 若さ溢れるボディーが波打ち、赤や黄、水色など、 目に鮮やかなドレスを身にまとって、情熱的なサンバや 陽気なチャチャチャ、ジャイブ、時には男女の求愛を 背景に踊られるルンバ、etc・・・時の経つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Shall we ダンス?(月刊たむぽぽ第48号 2007年5月号より)

5月に入り、ゴールデンウィークを海外で過ごされる方も 大勢いることと思います。 歴史とロマンの漂うヨーロッパは人気のスポット-特に イギリスの保養地として有名なブラックプールは、 年に一度、全世界からプロとアマのアスリートが集う 全英選手権が華々しく開催されます。 私もパートナーと共に1995年の大会に出場しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲間と楽しく、レッツダンス!(月刊たむぽぽ第47号 2007年4月号より)

4月に入り、何かを始めてみたいと思っているあなた、 思い切って社交ダンスにデビューしてみませんか? 社交ダンスは、皆さんが思っているほど難しいものでは ありませんよ。 初心者でもたいていの人は半年もレッスンを受講すると、 簡単なステップなら6~7種目は踊れるようになります。 スキンシップによるコミュニケーションで仲間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公認ダンス教室でLet's dance!(月刊たむぽぽ第46号 2007年3月号より)

正しいダンスを身につけるには、それに適した環境も大事です。 当教室のフロアは103㎡(31坪)と広く、仕様も体育館と同じですので、 スプリングが適度に効いて足にも優しいベストフロアです。 長時間踊っていても疲れ知らずですよ。 また、壁の2面が総鏡張りですので、どこからでも自分の 踊っている姿を確認でき、組み方やポーズ、ステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lead a happy life!(月刊たむぽぽ第45号 2007年2月号より)

社会人としての教養を何か身につけたい-そう思われる方は、 一度「社交ダンス」の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。 まだ記憶に新しい話題に「ノーベル賞を受賞した日本の著名な学者が、 式典の中で社交ダンスを踊る場があっても、踊れないがために 折角の交流のチャンスを生かせずに、残念な思いをした」という エピソードがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気分爽快・ストレス解消!(月刊たむぽぽ第44号 2007年1月号より)

新年を迎え、今年こそは何か新しいことにチャレンジ! そうお考えの方も多いはず。 ウィンタースポーツも魅力的ですが、冬場でも適度に 汗をかいて気分爽快・ストレス解消になる社交ダンスは いかがでしょう? 一度、ダンスを体験してみて下さい。 思った以上に運動量もありますし、ステップを覚えるためには、 結構頭も使うんですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッツダンス!(月刊たむぽぽ第43号 2006年12月号より)

今年に入ってから、テレビで放送されている 「オールスター社交ダンス選手権(土・夜7:00~)」を、 皆さんはご覧になっていますか? 芸能人とは、芸を人に見せる職業ですが、 いかに芸能人と言えども、2週間程度のレッスンで、 あんなに上手に踊れるなんて、我々プロにとっても 本当にビックリものです。 集中力・感性・役者根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しくダイエット(月刊たむぽぽ第42号 2006年11月号より)

※2007年11月号の中身を掲載してしまいましたので、編集しました。 ある研究者が、それ程太っていない女性300人の体重と体脂肪率を 調査したところ、約10%の人が「かくれ脂肪」-「体脂肪率」が多い人 だったそうです。 「やせる」ということは「余分な脂肪を落とす」こと-そのためには 適度の運動が一番。でも、たった1つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の健康法(月刊たむぽぽ第41号 2006年10月号より)

※2007年10月号の内容を掲載してしまいましたので修正しました。 今やダンス愛好者は全国で1,000万人以上。 でも、中には背中を丸めていたりパートナーに覆いかぶさるように 踊っている方も・・・あまり素敵には見えませんね。 上手な人はフロアに立った姿を見ただけでわかります。 ダンスの基本は「立ち方」と「姿勢」-正しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老化防止に最適(月刊たむぽぽ第40号 2006年9月号より)

※2007年9月号の内容を掲載してしまいましたので、 2006年9月号の内容に訂正いたしました。 皆さんは目を閉じて何秒間片足で立っていられますか。 個人差はありますが、だいたい10~20代半ばまでが ピークで、約70~90秒間位、30代を過ぎますと著しく 衰え始め、40才で約55秒間、50代で約37秒間、 60代では約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無理なく楽しく(月刊たむぽぽ第39号 2006年8月号より)

「いつまでも健康でありたい」「美しく年齢を重ねたい」- 最近、健康と美について見直そうとする気運が高まりつつ あるように思います。 しかしながら、健康のために良かれと始めた運動やスポーツが、 逆に健康を損なうという皮肉な結果を招くことが意外と多いのでは ないでしょうか。 適度な運動こそ、その結果を発揮する一番の近道で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずはトライ(月刊たむぽぽ第38号 2006年7月号より)

「1・2・3」「スロー・クイック・クイック」「スロー・ア・スロー」- 教室内に響きわたるカウントに合わせて、生徒の皆さんが ステップの習得に汗を流しながら励んでいます。 ワルツやタンゴ、ルンバ、チャチャチャのリズムに乗り、 老若男女が楽しみながら、いろいろな種目を次々にこなしていきます。 最近また、芸能人の「社交ダンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンスで10歳は若返る(月刊たむぽぽ第37号 2006年6月号より)

皆さんは健康のためのサプリメントやダイエットのためのエステ等、 体のメンテナンスに対して、とても気をつけて生活していることと思います。 でも近年は、車やエスカレーター、エレベーターの利用等、 便利な生活に慣れすぎて、運動不足に拍車をかけている方が 増えているのも事実です。 「健康と美に役立つ生涯スポーツ」として、ダンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more